即日融資も可能!おすすめ消費者金融

即日融資可能な消費者金融の中から自分に合ったものを選ぶ

消費者金融を選ぶ際、どこで借りようかと悩むかもしれません。昔は消費者金融を選ぶためのポイントとして、金利、申し込み方法、審査時間、返済方式などを比較するように言われていましたが、現在は金利や申し込み方法などを比較しても大きな違いはあまりなく、消費者金融のほとんどが即日融資も可能としています。そのため、初めての借り入れなら大手消費者金融を選んでおけば、まず間違いはありません。しかし、細かく見ていけばそれぞれの特徴というものは存在しています。

特徴はいくつかありますが、1つは無利息期間や電話確認なしといったサービスがです。すべての消費者金融がこれらに対応しているわけではないので、選ぶうえで1つ指針にはなります。他には審査通過率の高さなどが挙げられます。借入審査に通らなければ融資はしてもらえないのですから、審査通過率が高いというのは大きな決め手になるでしょう。また、最近では土日や祝日でも、即日融資ができるというのもポイントになってきています。

審査通過率NO.1のアコム

アコムは目立ったサービスこそありませんが、知名度と安定感そして消費者金融でもトップの審査通過率を誇ります。数値的には最高で49%という通過率を出しており、ほぼ2人に1人が審査に通っていることになります。しかし、実際に通れるかどうかは審査してみないと分かりません。通過率が高いからと言って、審査が甘いわけでは決してないのです。

審査が早い
審査は最短30分、融資まで最短1時間となっており非常にスピーディです。また、自動契約機「むじんくん」の稼働時間も8:00~22:00までとなっているので、夜中でもカードを発行してもらうことができます。インターネットの場合は申し込みを24時間受け付けていますが、即日融資を受けるためには平日の午後2時までに必要書類の提出を行わなければなりません。仕事をしている方には少し不利な方法のように見えますが、インターネットから申し込んだあとに「むじんくん」まで行ってカードを発行してもらうことが可能です。つまり、インターネットで申し込んでも、店舗まで行けば夜の10時までリミットが延びるのです。

楽天銀行口座を持っていると大きなメリットが!
アコムでは銀行振込による融資も行っており、銀行の営業時間内にインターネットや電話で申し込めば最短1分で振り込んでもらえます。しかし、楽天銀行だけは時間や曜日、祝日に制限されることなく最短1分で振り込みしてくれます。メンテナンスを行っている時間帯はさすがに利用できませんが、銀行が営業していない時間でも振り込みが可能であるというのは非常に心強いと言えるでしょう。楽天銀行口座を持っている方は、アコムの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

金利や限度額は消費者金融としては普通
アコムの金利は4.7%~18%、限度額も1万円~500万円までと消費者金融では普通の設定です。初回で申し込むときは、借入可能限度額が30万円から50万円程度になることが多く、金利も18%に設定されます。また、審査で評価が低いと10万円程度に設定されることも少なくありません。

サービスが豊富なプロミス

プロミスは、サービスが充実している消費者金融です。特に30日間無利息サービスは、利息を気にすることなく利用できるので、利用者にとってうれしいサービスです。また、消費者金融としては非常に珍しいポイントサービスを提供しています。さまざまな方法でポイントを貯め、それを利用して振り込みやATM利用手数料を無料にしたり、無利息サービスを再度利用できるようになるなど大きなメリットがあります。

大手消費者金融では一番低金利
ほとんどの大手消費者金融は最高金利18%となっていますが、プロミスは17.8%と0.2%も低いのです。たかが0.2%と思われるかもしれませんが、それぞれの金利で10万円と50万円を借りた場合の利息を比較してみましょう。

10万円の場合
10万円x18%=18000円
10万円x17.8%=17800円
年間の利息差額:1200円

50万円の場合
50万円x18%=90000円
50万円x17.8%=89000円
年間の利息差額:11000円

このように、金額が大きくなるにつれて利息にこれだけの差がついてきます。たとえ0.2%の差でも、決してバカにはできないのです。

最短10で振り込んでくれる「瞬フリ」
プロミスも銀行振込に対応しており、会員ページから申し込みを行うことで対応してもらうことが可能です。また、三井住友銀行口座あるいはジャパンネット銀行口座を持っている方は、ぜひプロミスに登録しておきましょう。メンテナンス時と元日以外の時間帯であれば土日や祝日でも振り込んでもらうことができます。これ以外の銀行でも営業時間内であれば、最短10秒で対応してもらうことができます。

会員ページは必ず使おう!
無利息期間も瞬フリもポイントサービスも、会員ページに入らないことには利用することができません。利用するサービスの手続きは、すべて会員ページで行うことになります。例えば、無利息期間を利用するのであれば、Eメールアドレスの登録と「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」の項目を選択する必要があります。瞬フリも会員ページからしか申し込みを行えません。プロミスを効果的に使うためには必要不可欠なツールです。

便利な分、審査は厳しめ
さまざまなサービスが充実している一方で、審査は少し厳しくなっています。審査通過率も40%程度と決して高くはありません。しかし、利用できれば非常に利便性の高い消費者金融です。三井住友銀行やジャパンネット銀行を利用している方などは、第一候補として考えてみても良いかもしれません。

内緒で借りたいならモビット

誰にもバレずにお金を借りたい。できれば電話連絡してほしくない。こう思っている方のニーズに応えている消費者金融がモビットです。申し込みから融資まで、すべてインターネット上で済ませることができる「WEB完結」を利用すれば、電話や郵送物のことを気にする必要は一切なくなります。

WEB完結は便利だけどちょっと不便も
来店不要なのは今では当たり前のことですし、郵便物も送られてこないケースも増えていますが、「電話連絡なし・郵送物なし」を前面に出しているのはモビットだけです。「これで周りにバレる心配はない!」と思われるかもしれませんが、実はWEB完結を使うためには以下の条件を満たす必要があります。
(1)三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている
(2)社会保険証か組合保険証を持っている
この2つの条件を満たしていない場合は普通の方法で申し込むことになります。
また、WEB完結を行うデメリットは郵送物がないことでカードが届かず、ATMを利用することができなくなるということです。

審査結果の表示がずば抜けて早い
モビットは審査結果の表示まで最短10秒と、消費者金融の中でもトップレベルの審査スピードを誇ります。ただし、これはあくまで事前審査なので、ここで可決されても本審査では落ちてしまう可能性もあります。しかし、たとえ目安だとしても、診断サービス並みのスピードで仮審査の結果が届くのはやきもきする時間が減り、時間の節約にもなるため、利用者にやさしいサービスといえます。

サービスは少し弱い
モビットは、WEB完結を除くと目立ったサービスがあまりありません。キャンペーンなどで提携ATMの手数料が無料になったり、会員ページから振り込みキャッシングの申し込みや利用履歴の閲覧ができたりする程度です。また、基本的には返済時に手数料がかかってしまうといったデメリットもあります。しかし、審査通過率は45%前後とまずまずな数値なので、比較的審査に通りやすい消費者金融です。